エックスサーバーでは、ブログやホームページなどのWEBサイトを無料でSSL化できるようになっています。

SSL化とは?

HTTPS化とも言い、あなたのブログやホームページのセキュリティ性を高める設定です。

この設定を有効にしておくと、訪問者の個人情報(メールアドレスやカード番号など)が暗号化され、第三者に抜き取られにくくなります。

お問い合わせ・予約・決済などで個人情報の入力フォームを設置している場合、信頼性を高めるために必ずやっておきたい設定です。

ssl有効と無効

「SSL化(HTTPS化)しているかどうか?は検索順位にも影響を与える」と、検索エンジン界シェアNO.1のGoogleも言っています。

WEBサイトの検索順位やアクセス数にも関わってくることですので、早めにSSL化を済ませてしまいましょう。

 

 

エックスサーバーの無料独自SSL設定の手順

まずは、エックスサーバーのサーバーパネルにログインします。

ログインに使うのは「サーバーID」と「サーバーパスワード」です。

ログインできたら、「SSL設定」という項目をクリックしましょう。

エックスサーバー ssl

 

 

画面が変わったら、SSL設定をおこなうドメインを選択します。

エックスサーバー ssl2

 

 

次の画面で、「独自SSL設定の追加」にタブを切り替えます。そして、右下の「独自SSL設定を追加する(確定)」をクリック。

エックスサーバーssl3

 

 

これで無料独自SSL設定が完了しました。

エックスサーバー ssl5

SSL設定をおこなうと、あなたのブログやホームページのURLの先頭がhttp://からhttps://に変わります。(sはsecurityのsです)ただし、この変更が反映されるまでには1時間ほどかかりますので、気長に待ちましょう。

 

URL直打ちで検索するユーザーを自動的にhttpsサイトに誘導するには

あなたのブログやホームページを閲覧しようと、ユーザーがURLを直に打ち込んで検索したとしましょう。

このとき「http://〇〇~」と打ち込むと、なんと「https://〇〇~」のWEBサイトは表示されません。

セキュリティが強化されていない「http://〇〇~」のサイトが表示されます。

 

どういうことかというと、先の項で解説したSSL化(HTTPS化)をした時点では、http://から始まるサイトとhttps://から始まるサイトの2種類がWEB上に作られていて、内容は全く同じでも別物という扱いになっているのです。

ややこしいですが、そういう仕組みなのです。

 

良識的に考えてみると、全ての訪問者が安全性の高いhttps://〇〇~のサイトに訪れた方がいいに決まってます。

そこで、URL直打ちのユーザーが自動的にhttps://〇〇~のサイトにアクセスしてもらえるよう(←これをリダイレクトと言います)、エックスサーバーでもう一手間かけていきます。

リダイレクト

 

具体的には、htaccessファイルというものを編集していくのですが、このやり方については別記事で解説したいと思います。↓↓