エックスサーバーには、WEBサイトのフォーマットとして世界中で使われているWordPress(ワードプレス)を簡単に導入できる機能があります。

この機能を使うことで、ものの1分程度あれば、あなたのサーバー内にはブログやホームページにひな形が誕生します。

早速その手順を解説していきます。

 

 

「WordPress簡単インストール」機能の使い方

※エックスサーバーのサーバーパネルに、「サーバーID」と「サーバーパスワード」を使ってログインしておきましょう。

 

サーバーパネル内から、「WordPress簡単インストール」という項目を見つけてクリックします。

エックスサーバー WordPress簡単インストール1

 

 

画面が変わったら、WordPressをインストールしたいドメインを選択します。

エックスサーバー WordPressインストール2

 

 

入力画面が出てきます。

インストールURLが対象のドメインになっているかどうかを確認します。(とくに何か入力する必要はありません)

その次に、ブログ名(WEBサイトのタイトル)を入力します。

タイトルが決まっていない場合は、仮タイトルを付けておきましょう。(後から変更できます)

エックスサーバー WordPress簡単インストール3

 

 

ブログ名の下には、ユーザー名とパスワードを入力する欄が出てきます。

どちらも、のちのちWordPressにログインする時などに使うものです。注意書きに沿った文字を入力しておきましょう。(セキュリティ上、推測されにくいパスワードにすることを強くおすすめします!

このユーザー名とパスワードを忘れると、WordPressにログインできません。つまり、ブログやホームページの中身を編集することができなくなります。必ず控えておきましょう。

エックスサーバー WordPress簡単インストール4

 

 

さらに下に進みます。

メールアドレス(パソコンで受信できるもの)を入力し、キャッシュの自動削除(ON)と自動でデータベースを作成するにチェックが入っていることを確認して、「インストール(確認)」をクリックしましょう。

エックスサーバー WordPress簡単インストール5

 

 

確認画面が表示されます。

入力した項目に誤りがないか確認して、「インストール(確定)」をクリックしましょう。

エックスサーバー WordPress簡単インストール6

 

 

これで、WordPressが導入できました。

青文字のリンクがWordPressのログイン画面のURLです。すぐ下に書かれているIDとパスワードを使ってログインできます。

試しにクリックしてみましょう。

エックスサーバー WordPress簡単インストール7

 

 

下のような画面に切り替わったら、先ほど決めたIDとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押します。

WordPressログイン

 

 

こんな風に、WordPressのダッシュボード(管理画面)にたどり着きます。

この画面にはこれから頻繁にログインしていくと思います。Google Chromeなどのブラウザでブックマークをしておくことをおすすめします。

WordPressダッシュボード

 

 

WordPressのダッシュボードには、左側に何やらいろいろ設定できる項目があります。

最初はひとまず「パーマリンク設定」だけやっておきましょう。

※設定→パーマリンク設定

WordPress パーマリンク設定

 

 

パーマリンクとは、これから投稿していくコンテンツ(記事)ひとつひとつに付けられるURLの形式のことです。

初期状態では「日付と投稿名」にチェックが入っていると思いますが、日付まで入ると長ったらしいURLになるので「投稿名」にチェックをし直します。

そして、ページ下部の「変更を保存」をクリック。

WordPress パーマリンク設定

WordPress パーマリンク設定

パーマリンクは記事を入れてから形式を変更すると、かなりややこしい調整をすることになります。「いったん決めたらずっと変えない」と思っておきましょう。

 

以上が、エックスサーバーの簡単インストール機能を使ってWordPressを導入する一連の流れになります。

 

 

まとめ

サーバーにWordPressが設置できたら、いよいよ情報発信のスタートは間近です!

今後編集しやすいように便利な追加機能(プラグイン)などを入れて調整できたら、世に向けて伝えたいことをどんどん書いていきましょう。